about

【世界にたった一つの家族の年表を作る為のノートです】


<カゾクロができること>

・今よりもっと家族を知ることが出来る
出会い、子育て、学校、仕事、趣味、介護…あの時こんなことがあったんだ!
知っているようで知らない家族のことが沢山あります。
たとえば、お盆やお正月などで家族が集まる時などに、カゾクロを囲めば、思い出話に花が咲いたり、これからのことを一緒に考えるきっかけにもなります。

・介護のヒントになる
いままでどんな暮らしをして来た方なのか、どんな仕事をして来た方なのか…
その方が、介護サービスを受けるまでにどのような環境で生活を送って来たのかを知ることは、ケアのヒントに繋がるとても大切なことの一つです。
ご本人が意思を伝えられない場合、情報を求められるのは家族なのです。
カゾクロの中に、介護のヒントが見つかります。


<ユーザーボイス>

GWに帰省した際にやってみました。
「死ぬまで田舎で暮らしたい」という親の言葉に、ちょっと考えさせられました。
兄妹でいつか話し合わないといけないなぁって。(三重県のご両親と)

お盆に帰省した際にやってみました。
年表以外にも家系図を書き出したりして。
出来あがったころには、「俺たちに何かあったら、これに全部書いてあるから!」って言われました。(北海道のご両親と)

田舎が遠いので、直接は会えませんでしたが、電話で話した時に聞きながら書き込んでみました。
私の小さい時に行った旅行のことを、楽しそうに話をしてくれて、思い出深いんだなって思いました。(岩手の母親と)


<カゾクロにはいっているもの>

・カゾクロのトリセツ(年表を作る為の説明書です)
・カゾク年表(親が結婚した年から現在を書く年表用紙です)
・「カゾク」になる前の話(「親」が「子」だったときのことを書く年表用紙です)
・これからの「カゾク」の話(これからのことを想像して書く年表用紙です)
・CD「Dear Family」(家族への想いを曲にしました)